To dear you

42 years old, housewife. 

 

"For 2 years, I could consider only Radish(Japanese name Daikon)."

 

Radish mama: 42 years old

Occupation: Housewife/artist

A child: 2 people

Favorite food: Sour boiling of Japanese radish and chicken

 

Everyone, hello! Thank you for finding me for me.

I make self-taking the theme dressed in radish fashionably.

After becoming a housewife, I was run after by child rearing and domesticities and lost dressing up and interest to fashion a lot.

I was dressed up before, put on make-up and was enjoying fashion in the own way.

Time to think how to do continued for these 2 years to eat Japanese radish well for a dish. If I speak to my friend about the talk, it's very creative to consider only radish every day, isn't it? He said so.

 

And an image of a radish condition has fallen straight from heaven suddenly after that!

The image put on a red knit, and put on a red lipstick, and saw laughing me having  radish.

When they were young, that made them remember the self portrait of which I was taking a picture.

 

 Radish mama met also resumed a self portrait, and was born.

A work is delight for me, and I'd like to have many people of the world see.

Please see me, laugh at much and grasp happiness.

 

A lot of love is sent from a radish condition!

 

Thank you very much.

 

2020.5.1  Daikon mama

2年間、私は大根しか考えられなかった」

 

大根ママ:42歳

職業:主婦/アーティスト

子供:2名

好きな食べ物:大根と鶏肉の酸っぱい煮

 

みなさん、こんにちは!私を見つけてくれてありがとう。

私は大根をおしゃれに装うをテーマに自撮りしています。

主婦になった後は、子育てや家事に追われてお洒落やファッションへの興味をだいぶ失っていました。

昔はドレスアップしたり、化粧をしたり、 自分なりにファッションを楽しんでいました。

ここ2年間は料理で大根を美味しく食べるにはどうしたらいいかを考える時間が続きました。 その話を友人に話したら、大根のことばかり毎日考えるなんてとてもクリエイティブだね!と言われました。

 

そしてその後急に大根ままのイメージが天からストレートに降ってきたんです!

そのイメージは赤いニットを着て、赤い口紅を着て笑っている私が大根を持っているのが見えました。

それは若い頃撮影していた自分のセルフポートレートを思い出させてくれました。

そうやってまたセルフポートレートを再開して大根ママが生まれたのです。

作品は私にとって喜びであり、 世界の多くの人々に見ていただきたいです。

どうぞ私を見て、たくさん笑って、幸せをつかんでください。

 

大根ままからたくさんの愛を送ります!

 

どうもありがとうございました。

 

2020.5.1 大根まま

 

 

 

 

 

 

CONTACT

by Daikon mama